NOW HERE MAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の機材に関して

<<   作成日時 : 2011/10/06 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像




私のSOLOライブ機材に関して・・

HEADWAYのアコースティックギターにLRBAGGS ( エルアールバックス ) / ibeamというピックアップを内蔵し、ここから出力されるギターの音をさらにLRBAGGS ( エルアールバックス )/Para Acoustic D.I.というプリアンプに入力してアコースティックギターの音が生音で聴いた時と近くなるよう工夫しています。

次に、プリアンプから出力したギターサウンドをTC・HELICON/VOICELIVE2というボーカルエフェクトプロセッサーに入力し、さらにこのエフェクトプロセッサーにはボーカル用マイクも同時に入力します。このエフェクターが、ギターのコード音と入力される声を認識して、さまざまなハーモーニーやエフェクト効果をもたらしてくれます。但し、機器の扱いに熟練するまでは時間がかかりそうです。

ライブ時、この構成でSOLO演奏をする場合、ボーカルエフェクトプロセッサーから出力するギターサウンドとマイク音がPAとモニターに入ります。自宅で練習の場合は、エフェクトプロセッサーのヘッドホン端子を利用して、SONYのCDー900というスタジオ用のヘッドホンでモニタリングしています。

今日はこのボーカルエフェクターと言う機材の扱いに慣れるため練習してます。基本的にギターの正確なコード音と正確なボーカルピッチが必要です。でないと、本日の俺の練習曲みたいに所々ハーモニーやダブリングが崩れてしまいます。正確なリズムと音でギターを弾きながら、同時に正確な音程で唄うという最も基本的な要素が必要ですが、これは本当に難しいです。

(Just Like) Starting Over〜Watching The Wheels





所々にハーモニーが被さるのが聴こえると思いますが、このエフェクトはダブルボーカルってとこですかね。効果を狙いたい任意の位置に来たら足元のスイッチを押すのですが、ギターを弾き唄いながらの操作なので難しいです。

WOMAN〜#9 DREAM





エフェクトは数百種類がプリセットされているので色々なことが試せて面白いっちゃ〜面白いです。WOMANで激しく音程をミスしてるので、被るコーラスが不協和音になってますw。

How Do You Sleep?





演奏と歌を直録で8チャンネルのMTRの1トラックに録音しただけなのと、PCに取り込むときにMP3ファイルに変換しているので音質もかなり悪いです。実際のライブではCD並みのクリアな音質が得られるはずです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

”ハモリが不協和音”や、あとヘッドホンで聴いた時はOKだったのにスピーカーから鳴らしたらド下手だなんて事、よくあるよね。
オレなんか、コーラスはほとんど勘で唄ってるからそのつど3度だったり5度だったりしてw

それにしても小澤のハモリは、ぶれないできれいだね。

顔に似せずww

ライブハウス荒らし。
2011/10/07 02:58
違うってw
これはエフェクターが自動的に俺の声とギター音を検知しながらリアルタイムでコーラスやダブリング効果をもたらしてるんだよ。
JUN OZAWA
2011/10/09 18:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の機材に関して NOW HERE MAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる